MENU

大学の友人から「無料サイトは悪質サイトの入り口になっている」「そもそも無料サイトが悪質の可能性がある」というショッキングな事を聞かされ俺は大いに落ち込んだ。何しろ「そんなの常識中の常識」とまで言われてしまったのだから落ち込むのも当然だ。しかしその事よりも衝撃的だったのは、友人が神待ちに関してかなり詳しかったという事だ。彼は俺と同様、そこまでモテるタイプの男ではない。それに普段から「彼女が欲しい!」と嘆くことも多いので、女っ気のない生活を送っているはずだ。それなのに今回の件に関してここまで詳しいという事が不思議で仕方なかった。

 

俺はその事を友人に訊ねた。「忠告は有り難く受け止める。神待ち掲示板なんか使った俺がバカだったよ。それはそうとお前、何でそんなに詳しいの?」と。すると友人は「いや、何でって言われると弱っちゃうんだけどさ。実は俺かなり前から家出中の女の子を部屋に泊めてセックスしまくってるんだよ。恥ずかしくてお前たちには言えなかったんだけどさ。だから自然とそういう知識が身に付いたって感じかな」と、予想もしなかったことを口にした。そんな話を聞かされ耳を疑ったが、どうやら友人は神待ちをしている女の子を探すことについてはかなりのベテランだったようだ。

 

いずれにしてもこれは神待ちしている女の子とセックスがしたいと強く願っている俺にとってこの上ないチャンスだ。友人からセックスをするための指南の受けるというのは何とも屈辱的ではあるが、ここまで来たら頼れるのはこの友人を除いて他に居ない。どうしたら家出中の女の子と出会うことが出来るのか、俺は友人に教えてもらうことにした。その質問に対し友人が出した答えは「優良出会い系サイトを使う」とのことだった。