MENU

「神待ちしている女の子を見つけるためには優良出会い系サイトを使う事」という友人の言葉に、正直俺は言葉を失った。俺が利用した神待ち掲示板は出会い系サイトではないにしろ、男女の出会いを斡旋するということに大きな違いはない。その掲示板を使ったことで大量のスパムメールに悩まされた俺に対し「出会い系サイトを使う事」なんてよく言えたものだ。「そんな事信用できるか。バカにするのもいい加減にしてくれ!」と俺は友人に言い放った。すると友人は「すまんすまん!そういうつもりで言ったんじゃないんだよ。まあ落ち着けって。出会い系サイトっていっても俺が言ってるのはハッピーメールやPCMAX、それとJメールっていう優良サイトの事だ。お前は知らないかもしれないけどこの三つはかなり有名なサイトで、無料サイトなんかと違って安全だし、それに本当に家出中の女の子と出会えるんだよ。多少の利用料金は必要だけど、スパムの被害に遭ったりそれ以上の危険に晒されるよりはマシだろ。騙されたと思ってまずは俺の言う通りにしてみろよ!」と慌てながらもかなり詳しく説明してくれた。

 

実際に家出中の女の子を泊めてはセックスしまくっているんだからそれも当然なのだが、友人の話には妙に信憑性があった。もちろん100%信じ切っていたわけではないが、せっかく友人が丁寧に説明してくれたのだからまずは言う通りに実践してみようと思い「お前の言う事は分かった。丁寧に教えてくれてありがとう。それじゃその三つの中からまずはひとつだけ使ってみることにするよ」と答えた。しかし友人は「それではダメだ。優良サイトは複数に登録するから意味があるんだよ。神待ちしている女の子と出会いたいならそれが第一歩だ」と言った。出来るだけ多くのサイトに登録して、出来るだけ多くの女の子に声を掛けることで家出中の女の子を見つけることが出来る、というのが理由なんだとか。

 

言われてみれば確かにそうだ。ひとつのサイトで頑張るよりも、複数のサイトに登録したほうがその分多くの女の子に声を掛けることが出来るし、そうなれば出会える確率も自ずとあがる。またもや信憑性の高い友人の話に納得した俺は勧められるままに「ハッピーメール、PCMAX、Jメール」という三つのサイトに登録することにした。