MENU

優良出会い系サイトで見つけた家出中の女の子を迎えに行くと、そこには大きなスーツケースを手にした何とも可愛い女子大生が今か今かと俺の事を待っていてくれた。「はじめましてサトルです」と自己紹介をすると、彼女は照れたような様子で「はじめまして、恭子です。今日はお世話になります。メールでは言わなかったけど、実は1週間前に親とケンカしてしまって。最初は友達の家を転々としてたんだけどさすがにもう迷惑かなって。だから一晩でも泊めてくれる人を探してたんです」と神待ちをするに至った経緯を詳しく話し始めた。そして「サトルさんみたいな優しそうな男性で安心しました」と、なんとも嬉しい事を口にした。

 

その後、お腹が空いているという事なので自宅近くのファミレスに立ち寄り食事をし、それからすぐに俺の部屋に彼女を招き入れた。時計を見ると既に夜の11時。「時間も時間だし、寝る支度しようか。狭くて汚いけど良かったらシャワー浴びて来たら?」と彼女を風呂場へと案内し、その間俺はベッドをキレイに整えコンドームを枕元に用意し、この後繰り広げられるであろうセックスのために入念な準備をした。お互いにシャワーを済ませると、極々自然に同じ布団へ。そして「これは今日泊めてくれたお礼です」と彼女からいきなりキスをされた。我慢の限界に達していた俺はそのキスを合図に彼女の体を抱きしめ、胸を揉み、アソコへと手を伸ばした。すると彼女も激しいキスと喘ぎ声で応戦。そして俺の股間をまさぐり始める。一通りの愛撫を済ませると枕元に用意していたコンドームを装着しいざ挿入。その気持ちいい事といったら、人生の中で一番と言って良いほどのものだった。俺は激しく腰を振りながら、まるで自分がナンパもののAVに出演しているかのような感覚になり更に興奮。正常位、騎乗位、バック、正常位と一通りの体位を堪能しフィニッシュ。こうして神待ちをしている女の子とのセックスを成功させることが出来た。

 

ここまでの話を聞き「そんなの嘘だろ!?そんな簡単に行くわけないだろ!」と思う人も少なからずいるだろう。そう思うのも当然だ。しかしこれは全て事実。友人のアドバイス通り複数の優良出会い系サイトに登録したら、僅かな時間でセックスすることが出来たのだ。ちなみに優良サイトは神待ち掲示板のような無料サイトとは違い、本人確認などがありとても安全なサイトだ。初心者でも心配することはない。セックスしたいなら今回の俺と同様に試している価値はあるのではないだろうか。